2006年05月27日

キルスティン・ダンスト(Kirsten Dunst)


17日から28日まで開催される第59回カンヌ国際映画祭(59th Cannes Film Festival)で24日、「ロスト・イン・トランスレーション(Lost in Translation)」で2004年度のアカデミー賞(Academy Awards)オリジナル脚本賞に輝いたアメリカ人監督ソフィア・コッポラ(Sofia Coppola)によるフランス王妃マリー・アントワネットの生き様を描いたコンペティション部門出品作「Marie-Antoinette」のフォト・コールが行われ、主役を演じたアメリカ人女優のキルスティン・ダンスト(Kirsten Dunst、左)やソフィア・コッポラ監督(右)らが出席した。今年のコンペ部門では20の作品が最高賞であるパルム・ドール(Palme d’Or)を目指して競い合っている。

posted by 八卦 at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ★世界の美女★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433387538

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。